2005年09月05日

§ハリケーン「カトリーナ」による被害が語りかけるもの

 8月29日に、非常に大きなハリケーン、カトリーナがメキシコ湾岸のルイジアナ州ニュー・オーリンズ、そして隣接するミシシッピ州ハリスン郡ビロクシー、ガルフ・ポート周辺に上陸し、信じ難いほどの被害をもたらしました。

 ミシシッピ川の下流域は、私が留学をしていたテネシー州メンフィスを過ぎてミシシッピ州に入るとすぐに、そこはミシシッピ・デルタ(扇状地)と呼ばれます。河口に近くの街とよく言い表されるニュー・オーリンズまで、600キロ以上もあるにもかかわらず、あたりは沼地が目立ち、デルタという呼び方がピッタリです。そして、ニュー・オーリンズは、海抜0メートル地帯です。周囲はスワンプと呼ばれる沼地に囲まれています。そして市街地は、ミシシッピ川と海水と淡水が混じり合う、巨大なポンチャートレイン湖にはさまれていますが、この湖と川の水位の方が、町の大部分の土地よりも高く、水害にの危険が常に伴う町です。このため、お墓のかたちも特殊で、土の中に埋めることはせず、しっかりとした大きな石の棺をつくって、墓地に置く、というかたちをしているほどです。
 さて、この地域に、ハリケーン上陸の前日、ニュー・オーリンズ市長が全市民に避難命令を出しました。避難勧告ではなく、避難命令でしたので、貧困層の人々も避難できるような対策が講じられるものと思っておりました。なぜなら、自家用車を持たない人々には交通手段が全くないのは、わかりきったことだからです。町から出ていくための交通手段は、飛行機のほかは一日に数本の長距離列車と、近郊都市への長距離バスしかありません。この中で現実として利用できそうなのはバスですが、これとてせいぜい数千人を運べる程度です。そして、貧困層の人たちは、ひとり数十ドルのバス代も払うことは難しいでしょう。しかし、彼らのためになされたことは、スーパードームという屋根付きフットボール場など、いくつかの施設が開放されただけでした。支援物資も、医薬品や医療チーム、そして秩序を守るための警官や援助の提供窓口となる役人もいませんでした。何もない中で、略奪や暴力の横行する中で、避難している人たち、そして乳幼児を抱えた人たちの心配や悲しみは、どれほどのものでしょうか。
 私はこの出来事に、アメリカという国の傲慢と、慢心とを見ます。自由と民主主義の理想の国であり、世界中がアメリカのようになるべきだと思っている人が多いにもかかわらず、国内には、多くの解決すべき問題を抱えています。貧困の問題、そして麻薬や暴力、そして銃の問題。猟銃以外の普通に流通する銃は、assault weapon(人身攻撃用兵器)と呼ばれるものです。これらを今まで放置し、追いつめられた人たちが、それを使うことを止められない社会を作り上げてしまいました。また、本来このような災害復興作業にあたるはずの州兵の多くも、
イラクに派遣されてしまい、危険を指摘されていて、なおすことが急務であった、町の堤防を修理する費用すらも、イラク派兵のために削られてしまっていました。そして、国民全員が入る健康保険すらもないため、必要な医療が受けられない人たちがたくさんいることも大きな問題です。
 そして、ルイジアナは、テキサスなどと並んで、石油化学工場が建ち並び、しかも環境保護基準を大変甘くすることで、企業が利益を上げることを助けていることで有名な州でもあります。先ほど、ニュー・オーリンズはミシシッピ川河口近くの町だと申しました。確かにこの町よりも下流には大きな町はありませんが、本当の河口は、ニュー・オーリンズよりさらに280キロも先にあります。しかし、そこには工場が建ち並び、その大半はこれらの工場から垂れ流される廃棄物のせいで、死の川と化しているのです。そして、その汚染された水が、今、町に流れ込んでいるのです。
 今回の災害は、アメリカがいかに人々を大切にしてこなかったか、戦争によって、国内の問題からいかに目をそらせ続けてきたか、弱者切り捨て政策によって、いかに人々の心を荒(すさ)ませてしまったかを如実に表しています。しかし、今、日本も同じような弱者切り捨て型競争社会への道を進み、急速に貧富の差が開き、人々の心も荒みはじめています。
 そして、このような姿勢、すなわち慢心し、高慢になって他の人々見下し、踏みにじることこそ、主イエスが厳しく批判した生き方です。そして、今日読む、ルカによる福音書の「失われた羊の譬」も、このような生き方への鋭い批判と捉えることができます。

....この続きは、ルカによる福音書の「失われた羊の譬」についてのお話しです。読みたい方は、
makototea@aol.comまで、メール下さい。

高橋“ティーチャー”誠(ヴォーカル担当)
posted by inaricyobb at 09:35| Comment(39) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。